【IPO初値予想】アジアクエストは大人気のDX関連。上場ラッシュ落着き初値高騰の予感

2021/11/28 IPO企業情報
アジアクエストは大人気のDX関連。上場ラッシュ落着き初値高騰の予感

こんにちは、コツコツです。
アジアクエスト(4261)は、2021年11月19日に上場承認され、2021年12月27日にマザーズ市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

アジアクエストは、企業のコンサルティング、システム開発、プロダクト開発など、あらゆるデジタルビジネスを支援するDX事業の企業です。

ブック・ビルディング期間は12月9日(木)~12月15日(水)です。

アジアクエストIPOポイント

  • 設立2012年
  • マザーズ上場
  • DX支援事業
  • 業績好調
  • 売出株の割合39.4%
  • 吸収金額10.4億円
  • 想定価格2,370円
  • 2社同日上場予定
  • 主幹事はみずほ証券
  • 堅いロックアップ

アジアクエストIPO基本情報

会社名 アジアクエスト株式会社
上場日 2021 年 12 月 27 日
上場市場 マザーズ
事業内容 デジタルトランスフォーメーション事業(企業の DX を実現する為のコンサルティング、システム開発、プロダクト開発等、様々なデジタル技術を活用したデジタルインテグレーションサービスの提供)
公募株数 230,000株
売出株数 207,000株
当選株数合計 437,000株
想定価格 2,370円
抽選申込期間 12月9日(木)~12月15日(水)
当選発表日 12月16日(木)

アジアクエストIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 2,370円~2,430円
公募価格 2,430円
初値 5,600円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はみずほ証券。他、いちよし証券、あかつき証券、岩井コスモ証券、SBI証券、極東証券、東洋証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券から申し込み可能。

アジアクエストIPOポイントメモ

想定価格は2,370円、公募株数230,000株は、売出株数150,000株は、オーバーアロットメントは 57,000株を基に吸収金額を試算すると約10.4億円となり、荷もたれを感じません。

上位株主には180日間のロックアップが付いていて、倍率でのロックアップ解除の設定はありません。

IPO市場で大人気のDX関連事業。12月の上場ラッシュも落ち着き資金分散の心配もなくなってくるが、買い疲れを起こす可能性あり。

吸収金額は10.4億円と軽量感があり、ロックアップも堅めで市場に流出する心配も少なそう

オファリングレシオは31.2%と高めだが、業績は好調で、今期予想PERも18倍~20倍程度と低めで割安と受け止められそう。

以上を考慮して、初値は「大幅なプラスリターン」と予想する。