【IPO初値予想】アシロはVC出口案件強めのリーガルメディア企業

2021/06/21 IPO企業情報
アシロはVC出口案件強めのリーガルメディア企業

こんにちは、コツコツです。
2021年7月20日にマザーズ市場から株式会社アシロが新規上場します。

株式会社アシロは、弁護士へのマーケティング支援サービスを提供しているリーガルメディア関連事業を行っている企業で、売上も好調で黒字経営。ベンチャーキャピタルの出口案件の臭いがしますが、初値は若干のプラスリターンが期待できそう。

アシロIPOポイント

  • 設立2016年
  • マザーズ上場
  • 売出比率が80.3%
  • VC売出し色が強い
  • 黒字運営
  • 吸収金額54.1億円
  • 想定価格1,120円
  • 主幹事野村證券
  • VCロックアップ倍率解除あり

アシロIPO基本情報

会社名 株式会社アシロ
上場日 2021年7月20日
上場市場 マザーズ
事業内容 弁護士業界とITを結びつけたリーガルメディアサイトの運営等
公募株数 829,000株
売出株数 4,004,600株
当選株数合計 4,833,600株
想定価格 1,120円
抽選申込期間 7月2日~7月8日
当選発表日 7月9日

アシロの仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,120円~1,160円
公募価格 1,160円
初値 1480円

アシロIPOポイントメモ

想定価格は1,120円、公募売出はオーバーアロットメントと含めて4,833,600株、想定価格を基に吸収金額を計算すると約54.1億円になり、マザーズ上場では中型から大型規模なので荷もたれ感を感じます。公募売出数が多いので初値は若干のプラスリターンでしょう。

上位株主には90日間のロックアップが設定されています。「J-STAR二号投資事業有限責任組合」、「MIDWEST MINATO, L.P.」、「Pacific Minato Ⅱ, L.P.」に発行価格の1.5倍以上でロックアップを解除できる設定が付いています。その他の上位株主には倍率解除設定はありません。

ちなみに放出枚数は「J-STAR二号投資事業有限責任組合」は1,961,500株、「MIDWEST MINATO, L.P.」は732,900株、「Pacific Minato Ⅱ, L.P.」は679,800株となっています。

アシロの上場はベンチャーキャピタルの出口案件色が強く出てます。IPO投資家は出口案件を嫌がる傾向があるので初値に影響が出るかもしれません。スケジュールは単独上場なので好条件。売出比率が約80%と高いですが、想定価格が低価格なので公募割れまでは無いと思います。初値は1.5倍辺りと予想し、私は主幹事から申し込みをしたいとおもいます。