【IPO初値予想】公募割れなし!ブロードマインドの初値は2倍予想

2021/02/28 IPO企業情報

こんにちは、コツコツです。
3月26日にマザーズからブロードマインド株式会社が上場します。

ブロードマインド株式会社は主にフィナンシャルパートナー事業を行う企業です。想定発行価格は710円で同日にイー・ロジットも上場します。スケジュールが過密になりますが、十分プラスリターンが狙えると思います。

ブロードマインドのIPOポイント

  • 設立2002年
  • 公募株が600,000株で全体の58%
  • マザーズ上場
  • 業績好調で黒字運営
  • 公募売出数1,035,000株
  • フィナンシャルパートナー事業で業種いまいち人気なし
  • 吸収金額は約7.3億円
  • 気になるロックアップ条件なし
  • ベンチャーキャピタルリスクなし

ブロードマインドのIPO基本情報

会社名 ブロードマインド株式会社
上場日 2021年3月26日
上場市場 マザーズ
事業内容 個人及び法人向けに保険代理店業、住宅ローン代理業、金融商品仲介業、宅地建物取引業に係るソリューションをワンストップで提供するフィナンシャルパートナー事業
公募株数 600,000 株
売出株数 435,000株
当選株数合計 1,035,000株
想定価格 710円
抽選申込期間 3月10日から3月16日
当選発表日 3月17日

ブロードマインドのIPOポイントメモ

公募売出数が1,035,000株想定価格710円だと吸収金額は約7.3億円、マザーズだと小型サイズなので公募割れの可能性は低そう。初値は公開価格の2倍辺りでしょうか。

業種は保険業で主にフィナンシャルパートナー事業とIPOでは人気いまいちの業種ですね。この業種ですと今の地合でも高騰は難しそう。

上位株主には90日間と180日間のロックアップが掛かっていますが、ロックアップ解除倍率の設定はなくセカンダリーでもロックアップを気にせず投資が出来そう。

3月下旬はスケジュールが過密になるので、初値高騰は無理かもしれませんが想定価格の低さで公募割れは無さそうなので、当然IPO抽選は全力で参加します。セカンダリー投資はIPOのスケジュールが過密なので慎重に検討したいと思います。初値がついてから1時間程度は好調に株価を押し上げても、少し目を離したらドンドン下落していく事が良くありますし。その日の地合をみながら検討したいと思います。