【IPO初値予想】ビーウィズはコンタクトセンターサービス事業、親子上場案件は人気薄

2022/01/29 IPO企業情報
ビーウィズはコンタクトセンターサービス事業、親子上場案件は人気薄

こんにちは、コツコツです。
ビーウィズ(9216)は、2022年1月21日に上場承認され、2022年3月2日に東証一部からIPO(新規上場)することが決定しました。

自社開発のクラウド型 PBX「Omnia LINK」等のデジタル技術を活用したコンタクトセンター・BPOサービスの提供、および各種 AI・DX ソリューションの開発・販売する企業です。

ブック・ビルディング期間は2月14日(月)~2月18日(金)です。

ビーウィズIPOポイント

  • 設立2000年
  • 東証一部
  • 売出株比率は83.0%
  • 業績好調
  • コンタクトセンターサービス事業
  • 吸収金額117.0億円
  • 親子上場案件
  • 主幹事はみずほ証券
  • 想定発行価格を下回る仮条件

ビーウィズIPO基本情報

会社名 ビーウィズ株式会社
上場日 2022年3月2日
上場市場 東証一部
事業内容 自社開発のクラウド型 PBX「Omnia LINK」等のデジタル技術を活用したコンタクトセンター・BPO サービスの提供、および各種 AI・DX ソリュ ーションの開発・販売
公募株数 900,000株
売出株数 5,195,000株
当選株数合計 6,095,000株
想定価格 1,920円
抽選申込期間 2月14日(月)~2月18日(金)
当選発表日 2月21日(月)

ビーウィズIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,400円~1,700円
公募価格 1,400円
初値 1,320円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はみずほ証券。他、大和証券、野村證券、SMBC日興証券、SBI証券、楽天証券から申し込み可能。

ビーウィズIPOポイントメモ

コンタクトセンターサービスやAI、DXの開発などIPO人気の高いテーマを手掛ける企業。パソナグループの子会社で親子上場案件はIPOでの人気は低い

市場からの吸収金額は117.0億円と東証一部なら小型になる。仮条件は想定発行価格を大きく下回って設定された。

売出株比率は83.0%と高く、オファリングレシオも44.4%と高い、株主にはベンチャーキャピタルの保有はなく、親会社のパソナが4,400,000株を放出しますが360日間のロックアップがかかっている。

東証一部では小型に入るが、IPO地合いが悪く、厳しい上場になりそうだが一定数の買いは入りそう。

初値は「公募割れの可能性もある」と予想します。