【IPO初値予想】BlueMeme IPO人気のDX関連で初値上昇なるか!スケジュール要注意

2021/06/08 IPO企業情報
BlueMeme IPO人気のDX関連で初値上昇なるか!スケジュール要注意

こんにちは、コツコツです。
2021年6月29日にマザーズ市場から株式会社BlueMemeが新規上場します。

2021年6月29日は4社目の承認です。

BlueMemeは最新技術を活用し、独自の「AGILE-DX」を用いて、短時間、少人数、顧客満足度の高いシステム開発を行っている企業です。吸収金額がやや大きいですが、DX事業はIPO向きなので人気が出ると思います。

BlueMeme IPOポイント

  • 設立2006年
  • マザーズ上場
  • 吸収金額24.7億円
  • 上場規模は中型サイズ
  • 主幹事は東海東京証券
  • 想定価格2,510円
  • 6/29は4社同日上場
  • 過密スケジュール
  • ベンチャーキャピタルの売出あり

BlueMeme IPO基本情報

会社名 株式会社BlueMeme
上場日 2021年6月29日
上場市場 マザーズ
事業内容 ローコードとアジャイルを活用したシステム受託開発・コンサルテング等サービスの提供及びOutSystems(R)等のソフトウェアライセンス販売
公募株数 450,000株
売出株数 534,400株
当選株数合計 984,400株
想定価格 2,510円
抽選申込期間 6月14日~6月18日
当選発表日 6月21日

BlueMeme IPOポイントメモ

通常ならばDX関連はIPO人気の高い事業なので初値に期待が持てますが、連日の上場ラッシュと4社同日上場と過密スケジュールで投資家の買い疲れが気になります。

想定価格は2,510円、公募売出数は984,400株、想定価格を基に吸収金額を計算すると約24.7億円となり、マザーズ上場としては中型規模の上場となるので、やや荷もたれ感を感じる規模になりますが、IPO人気の高いDX関連なので買われると思います。

上位株主に180日間のロックアップが設定されています。ロックアップ解除倍率の設定はありません。

上位株主のベンチャーキャピタル2社に対して90日のロックアップが設定されていて、発行価格の1.5倍以上でロックアップ解除の設定が付いています。ベンチャーキャピタルの売出数は2社合わせて284,000株になります。

BlueMemeは過密スケジュールと上場規模が少し気になりますが、初値に期待が持てるDX関連IPOだと思うので、全力で申し込みたいと思います。初値評価もB級と行きたいところですが、連日の上場ラッシュが気になるのでB級に近いC級評価にしたいと思います。初値は1.5倍~2倍辺りと予想します。

情報サービス企業系は初値が付いた後に株価急落下する事もあるのでセカンダリーは慎重に行いたいところです。