【IPO初値予想】CaSyは家事代行サービス、小粒案件だがVCの壁は高い?

2022/01/27 IPO企業情報
CaSyは家事代行サービス、小粒案件だがVCの壁は高い?

こんにちは、コツコツです。
CaSyは(9215)、2022年1月19日に上場承認され、2022年2月22日にマザーズからIPO(新規上場)することが決定しました。

CaSyは、お掃除代行サービス、お料理代行サービス、その他暮らしのサービスなどを9都府県に提供するマッチングプラットフォームを運営している企業です。

ブック・ビルディング期間は2月4日(金)~2月10日(木)です。

CaSyのIPOポイント

  • 設立2014年
  • マザーズ上場
  • 売出株比率40.9%
  • 赤字が続いているが今期黒字転換見込
  • 家事代行サービス事業
  • 吸収金額3.3億円
  • VC保有あり、1.5倍以上でロックアップ解除
  • 主幹事はSBI証券

CaSyのIPO基本情報

会社名 株式会社 CaSy
上場日 2022年2月22日
上場市場 マザーズ
事業内容 家事代行などの「暮らしの中の時間を創る」サービスのマッチングプラ ットフォーム運営
公募株数 125,000株
売出株数 118,300株
当選株数合計 243,300株
想定価格 1,350円
抽選申込期間 2月4日(金)~2月10日(木)
当選発表日 2月14日(月)

CaSyのIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,230円~1,350円
公募価格 1,350円
初値 2,001円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はSBI証券。他、みずほ証券、松井証券、マネックス証券、丸三証券、楽天証券、岩井コスモ証券、極東証券、東洋証券、水戸証券から申し込み可能。

CaSyのIPOポイント

今後の需要が高まる家事代行サービス事業を展開。赤字が続いていたが今期黒字転換見込で成長を評価されそう。

吸収金額が約3.3億円と小型案件で需給面で不安はなさそうだが、上位株主にベンチャーキャピタルがおり、公開価格の1.5倍以上でロックアップ解除される。ロックアップ解除後の売り圧が予想されるので、1.5倍を超えてから注意が必要。

小型案件で魅力的だが、今のマザーズ地合いとベンチャーキャピタルの1.5倍の売り圧の壁は高そうなので、初値は「公開価格の1.5倍」あたりと予想します。