【IPO初値予想】CS-CはローカルビジネスのDX事業。人気事業だが過密日程

2021/11/26 IPO企業情報
CS-CはローカルビジネスのDX事業。人気事業だが過密日程

こんにちは、コツコツです。
CS-C(9258)は、2021年11月19日に上場承認され、2021年12月24日にマザーズ市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

CS-Cは、ローカルビジネスを展開するクライアントに対し、デジタルマーケティングの課題を総合的に解決するローカルビジネスDX事業を行っている企業です。

CS-CのIPOポイント

  • 設立2011年
  • マザーズ上場
  • DX関連事業
  • 吸収金額19.4億円
  • 想定価格900円
  • 7社同日上場予定
  • 主幹事はSBI証券
  • 業績は安定
  • 売出株の割合は33.3%

ブック・ビルディング期間は12月9日(木)~12月15日(水)です。

CS-CのIPO基本情報

会社名 株式会社CS-C
上場日 2021 年 12 月 24 日
上場市場 マザーズ
事業内容 ローカルビジネスに特化した統合型マーケティング SaaS 「C-mo」、他
公募株数 1,250,000株
売出株数 906,200株
当選株数合計 2,156,200株
想定価格 900円
抽選申込期間 12月9日(木)~12月15日(水)
当選発表日 12月16日(木)

CS-CのIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 910円~1,010円
公募価格 1,010円
初値 1,205円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はSBI証券。他、大和証券、みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、松井証券、極東証券、丸三証券、岩井コスモ証券、岡三証券、東洋証券、アイザワ証券から申し込み可能。

CS-CのIPOポイントメモ

想定価格は900円、公募株数は1,250,000株、売出株数625,000株は、オーバーアロットメントは281,200株を基に吸収金額を試算すると約19.4億円となり、やや荷もたれを感じます。

上位株主には180日間のロックアップが付与されています。倍率でのロックアップ解除の設定はありません。

ローカルビジネス事業者向けですが、DX支援を行っていてIPOでDXは人気が高いです。吸収金額は19.4億円と軽量感はないが、人気事業のDXで業績は安定しているので十分に吸収可能と思います。

ですが、24日は7社同日上場予定で過密スケジュールで資金の分散もありそうなので、初値は「公開価格付近のプラスリターン」と予想します。