上場中止【初値高騰鉄板!】ディマージシェアは当選枚数少でプレミアチケット

2021/04/01 IPO企業情報
株式会社ディマージシェア

こんにちは、コツコツです。
2021年4月23日にマザーズから株式会社ディマージシェアが上場します。

想定価格が1,750円で公募売出株が246,100株を基に計算すると吸収金額は約4.3億円となり小型規模となり初値高騰が期待できるプレミアチケットになります。

ディマージシェアIPOポイント

  • 設立1999年
  • マザーズ上場
  • 公募株50,000株で公募比率は約20%
  • 業績は横ばいだが黒字
  • 業種はIPOで人気の高いDX関連
  • 吸収金額は4.3億円と小型
  • ロックアップ解除倍率の設定なし
  • 主幹事はSMBC日興証券
  • 想定価格1,750円

ディマージシェアIPO基本情報

会社名 株式会社ディマージシェア
上場日 2021年4月23日
上場市場 マザーズ
事業内容 デジタルソリューション事業(DX の構想・設計・開発・運用をワンストップで支援、および自社クラウドサービスの提供)
公募株数 50,000株
売出株数 196,100株
当選株数合計 246,100株
想定価格 1,750円
抽選申込期間 4月8日から4月14日
当選発表日 4月15日

ディマージシェアIPOポイントメモ

想定価格が1,750円で公募売出株が246,100株を基に計算すると吸収金額約4.3億円となり小型規模となり初値高騰期待できます。

業種はIPO人気の高いDX関連なのでプラス材料。上位株主には90日間と180日間のロックアップが付いています。また、ロックアップ解除倍率の設定は付いていません。ベンチャーキャピタルの保有株もありませんのでロックアッププラス材料

4月23日は単独上場になるのでスケジュールも問題なし、ロックアップも問題なし、吸収金額も問題なしで総合的にみてもマイナス要因はありません。けど、一つ問題をあげるなら、最近のIPO地合が微妙になってきてる所が気になります。ですが、ディマージシェアは間違いなくプレミアチケットで初値高騰は間違いないと思います。主幹事のSMBC日興証券から申し込みますが、当選枚数が少ないので神頼みになりそうです。