【IPO初値予想】エフビー介護サービスは介護用品レンタルと販売、スタンダード市場初上場

2022/03/20 IPO企業情報
エフビー介護サービスは介護用品レンタルと販売、スタンダード市場初上場

こんにちは、コツコツです。
エフビー介護サービス(9220)は、2022年3月4日に上場承認され、2022年4月7日にスタンダード市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

エフビー介護サービスは、福祉用具の貸与・販売・住宅改修、介護施設等の運営をはじめとした介護サービスの提供を行っている企業です。

ブック・ビルディング期間は3月22日(火)~3月28日(月)です。

エフビー介護サービスIPOポイント

  • 設立1987年
  • スタンダード市場初案件
  • 福祉用具の貸与・販売
  • 売出株比率は61.1%
  • 業績は安定
  • 吸収金額12.5億円
  • 想定価格1,210円
  • ベンチャーキャピタルからの出資多少あり
  • ロックアップはかため
  • 主幹事は野村證券

エフビー介護サービスIPO基本情報

会社名 エフビー介護サービス株式会社
上場日 2022年4月7日
上場市場 スタンダード市場
事業内容 福祉用具の貸与・販売・住宅改修、介護施設等の運営をはじめとした介護サービスの提供
公募株数 350,000株
売出株数 685,000株
当選株数合計 1,035,000株
想定価格 1,210円
抽選申込期間 3月22日(火)~3月28日(月)
当選発表日 3月29日(火)

エフビー介護サービスIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,210円~1,400円
公募価格 1,400円
初値 1,561円

IPO取り扱い証券会社

主幹事は野村證券。他は大和証券、SBI証券、みずほ証券、八十二証券、いちよし証券から申し込み可能

エフビー介護サービスIPOポイントメモ

介護用品のレンタル、販売と、介護施設の運営を行う企業で、この先の高齢化社会で着実に増加するビジネス。業績は堅実に拡大。

吸収金額は約12.5億円と中型、株主には90日間のロックアップがかかっているか継続保有が取られているので、上場時の売り圧力は低そう。

スタンダード市場初上場で注目度が高く、盛り上がる可能性はあるが、事業内容に派手さはなく地味な案件と取られそう。初値高騰は難しいか。

初値は「公募価格の1.2倍」あたりと予想します。