【IPO初値予想】FinatextHDはビッグデータビジネス、吸収金額が大きく悪条件揃う

2021/11/21 IPO企業情報
Finatextホールディングスはビッグデータビジネス、吸収金額が大きく悪条件揃う

こんにちは、コツコツです。
Finatextホールディングス(4419)は、2021年11月16日に上場承認され、2021年12月22日にマザーズ市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

Finatextホールディングスは、金融サービス提供者向けの次世代クラウド基幹システムやデータ解析・ サービス開発支援行っている企業です。

ブック・ビルディング期間は12月6日(月)~12月10日(金)です。

FinatextホールディングスIPOポイント

  • 設立2013年
  • マザーズ上場
  • ビッグデータビジネス
  • 先行投資で赤字
  • 当選株数17,796,900株
  • 売出株割合81.9%と高い
  • 吸収金額229.6億円
  • 想定価格1,290円
  • 主幹事は大和証券

FinatextホールディングスIPO基本情報

会社名 株式会社Finatextホールディングス
上場日 2021 年 12 月 22 日
上場市場 マザーズ
事業内容 証券・保険ビジネス向けクラウド基幹システムの提供及びデータ解析・ サービス開発支援
公募株数 2,800,000株
売出株数 14,996,900株
当選株数合計 17,796,900株
想定価格 1,290円
抽選申込期間 12月6日(月)~12月10日(金)
当選発表日 12月13日(月)

FinatextホールディングスIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 -
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事は大和証券。他、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、松井証券、あかつき証券、楽天証券、岩井コスモ証券、マネックス証券から申し込み可能

FinatextホールディングスIPOポイントメモ

想定価格は1,290円、公募株数は2,800,000株、売出株数は12,675,700株、オーバーアロットメントは2,321,200株を基に吸収金額を試算すると約229.6億円となり、かなり荷もたれを感じます。

上位株主には180日間のロックアップが付いています。売出価格でのロックアップ倍率解除の設定はありません。

ビッグデータビジネスはIPOで人気がありますが、先行投資の影響で赤字が続いていて、市場からの吸収金額が約229.6億円と荷もたれを大きく感じます。

12月22日は同時に6社が上場する最悪なスケジュール、売出株割合も81.9%と高い、初値形成に条件が悪く買いが集まらない可能性があります。初値は「公募割れも含め売出価格付近」の決着と予想します。