【IPO初値予想】フューチャーリンクネットワークは8月一発目の大注目IPO

2021/07/21 IPO企業情報
フューチャーリンクネットワークは8月一発目の大注目IPO

こんにちは、コツコツです。
フューチャーリンクネットワークは、2021年7月14日に上場承認され、2021年8月20日にマザーズから新規上場します。

フューチャーリンクネットワークは、地域情報プラットフォームの「まいぷれ」を構築・運用しています。業績も順調に成長していて黒字経営です。吸収金額は約6.2億円と小型、スケジュールは2社同時上場ですが、8月一発目の上場なので注目されそうですし、IPOでIT関連事業は根強い人気があるのでプラスリターンが期待できそう。

フューチャーリンクネットワークIPOポイント

  • 設立2000年
  • マザーズ上場
  • 売出比率が67%
  • 吸収金額6.2億円と小型規模
  • 時価総額17.5億円
  • 地味な事業内容
  • 約3週間ぶりのIPO
  • 想定価格2,230円
  • 主幹事は岡三証券
  • 2社同時上場

フューチャーリンクネットワークIPO基本情報

会社名 フューチャーリンクネットワーク
上場日 2021年8月20日
上場市場 マザーズ
事業内容 地域情報プラットフォーム「まいぷれ」の構築・運営、ふるさと納税支援業務及び官民協働ポータル・地域共通ポイント運営等の官民協業事業受託、マーケティング支援業務
公募株数 80,000株
売出株数 198,800株
当選株数合計 278,800株
想定価格 2,230円
抽選申込期間 8月2日~8月6日
当選発表日 8月10日

フューチャーリンクネットワークIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 2,230円~2,470円
公募価格 -
初値 -

フューチャーリンクネットワークIPOポイントメモ

想定価格は2,230円、公募売出数はオーバーアロットメントを含めて278,800株、想定金額を基に吸収金額を計算すると約6.2億円となり、マザーズ上場では小型規模になるので初値はプラスリターンが期待できます。

上位株主には180日間のロックアップが設定されています。解除倍率の設定はありません。上位株主の大日本印刷は上場により保有株式62,500株を全て売出しています。

8月一発目のIPOは待ち待った投資家も多く注目を集め、地合に関係なく買われそう。IPOではIT関連の事業は根強く人気ですが、ローカルコンテンツは少し地味かも。上位株主にベンチャーキャピタルの保有もなく、ロックアップもしっかりかかっているので売り圧力は感じなそう。

総合的にみてフューチャーリンクネットワークの初値は軽く2倍を越えて行きそう。想定価格も高く設定されているので20万円以上の利益が出そうです。ここは積極的に申し込みをかけたいと思います。