【IPO初値予想】ギックスはビックデータ関連事業、割高感をどう評価するか

2022/02/26 IPO企業情報
【IPO初値予想】ギックスはビックデータ関連事業、割高感をどう評価するか

こんにちは、コツコツです。
ギックス(9219)は、2022年2月22日に上場承認され、2022年3月30日にマザーズからIPO(新規上場)することが決定しました。

ギックスは、アナリティクスを用いたデータインフォームド事業、データを活用した各種コンサルティング業務やツールの研究開発を手掛ける企業です。

ブック・ビルディング期間は3月14日(月)~3月17日(木)です。

ギックスIPOポイント

  • 設立2012年
  • マザーズ上場
  • アナリティクスを用いたデータインフォームド事業
  • 売出株比率は71%
  • 業績は増収減益
  • 吸収金額12.7億円
  • 割高感
  • VCの保有あり
  • 主幹事は野村證券

ギックスIPO基本情報

会社名 株式会社ギックス
上場日 2022年3月30日
上場市場 マザーズ
事業内容 アナリティクスを用いたデータインフォームド事業、データを活用した各種コンサルティング業務及びツールの研究開発を用いた各種サービスの提供
公募株数 300,000株
売出株数 890,800株
当選株数合計 1,190,800株
想定価格 1,070円
抽選申込期間 3月14日(月)~3月17日(木)
当選発表日 3月18日(金)

ギックスIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 980円~1,070円
公募価格 1,070円
初値 1,100円

IPO取り扱い証券会社

主幹事は野村證券。他はSBI証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、楽天証券、いちよし証券から申し込み可能

ギックスIPOポイントメモ

ビッグデータ関連事業はIPOで根強い人気がある。売上高は増収しているが、経常利益が72.4%減で増収減益。

吸収金額は約12.7億円と中型規模で荷もたれを感じないが、売出株比率は71%と高い、オファリングレシオは21.7%と標準的。

ベンチャーキャピタルの保有株にロックアップがかかっていない5万株があり、上場時にすぐ売ってくる可能性あり。

吸収金額が約12.7億円程度で、需要面に不安はなく、ビックデータ関連事業はIPO人気は高いが、この盛り上がりに欠けるIPO地合いと高すぎる823倍のPERはどう将来性を評価されるか。

初値は「公開価格の1.5倍付近」と予想します。

セカンダリーは、IPO人気のあるテーマなので、寄前に加熱することがあった場合はVCの釣りの可能性もあるの不参加。