【IPO初値予想】グローバルセキュリティエキスパートはサイバーセキュリティ企業、上場日は過密スケジュール

2021/11/17 IPO企業情報
グローバルセキュリティエキスパートはサイバーセキュリティ企業、上場日は過密スケジュール

こんにちは、コツコツです。
グローバルセキュリティエキスパート(4417)は、2021年11月15日に上場承認され、2021年12月20日にマザーズ市場からIPOします。

グローバルセキュリティエキスパートは、コンピュータへの不正侵入、データの改ざんや破壊、情報漏洩、コンピュータウイルスの感染等から企業を守ることを目的としたサイバーセキュリティに特化した専門企業。

ブック・ビルディング期間は2021年12月3日(金)~12月9日(木)です。

グローバルセキュリティエキスパートIPOポイント

  • 設立1984年
  • マザーズ上場
  • サイバーセキュリティ事業
  • 業績は右肩上がり
  • 売出割合は75%
  • 吸収金額19.1億円
  • 想定価格2,770円
  • 主幹事はSMBC日興証券

グローバルセキュリティエキスパートIPO基本情報

会社名 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
上場日 2021年12月20日
上場市場 マザーズ
事業内容 セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、セキュリティの全体像を網羅した教育サービスの提供
公募株数 150,000株
売出株数 540,000株
当選株数合計 690,000株
想定価格 2,770円
抽選申込期間 12月3日~12月9日
当選発表日 12月10日

グローバルセキュリティエキスパートIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 2,680円~2,800円
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事はSMBC日興証券。他、SBI証券、みずほ証券、大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、松井証券、岩井コスモ証券、東洋証券から申し込み可能。

グローバルセキュリティエキスパートIPOポイントメモ

想定価格は2,770円、公募数は150,000株、売出数は450,000株、オーバーアロットメントは90,000株を基に吸収金額を試算すると約19.1億円となり、マザーズ上場ではやや小型に分類されます。

株主のビジネスブレイン太田昭和と兼松エレクトロニクスには180日間のロックアップが掛かっていて、ロックアップの倍率解除の設定はありません。

サイバーセキュリティ事業はIPOで人気が高く、売上高や経常利益も右肩上がりで推移しています。市場からの吸収金額は約19.1億円とやや小型に分類され荷もたれを感じません。

オファリングレシオは20.7%とやや低いが、売出の割合が75%と高く、12月20日は3社同時に上場が予定されていて過密スケジュールが懸念材料で買いが集まらない可能性がありますので、初値は「公開価格付近のプラスリターン」と予想します。