【IPO初値予想】ハイブリッドテクノロジーズは人気のDX関連。購入単価の低さも好材料

2021/11/23 IPO企業情報
ハイブリッドテクノロジーズは人気のDX関連。購入単価の低さも好材料

こんにちは、コツコツです。
ハイブリッドテクノロジーズ(4260)は、2021年11月18日に上場承認され、2021年12月23日にマザーズ市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

ハイブリッドテクノロジーズは、日本とベトナムを融合させ、ビジネスとテクノロジーの側面から顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのソフトウェア開発を軸とする『ハイブリッド型サービス』を提供している企業です。

ブック・ビルディング期間は12月7日(火)~12月13日(月)です。

ハイブリッドテクノロジーズIPOポイント

  • 設立2016年
  • マザーズ上場
  • ソフトウェア開発
  • 売出の割合は2.5%と低い
  • 吸収金額13.2億円
  • 想定価格460円
  • 公募売出数は2,868,700株
  • 主幹事はSBI証券
  • 発行価格1.5倍以上でロックアップ解除あり

ハイブリッドテクノロジーズIPO基本情報

会社名 株式会社ハイブリッドテクノロジーズ
上場日 2021 年 12 月 23 日
上場市場 マザーズ
事業内容 日本とベトナムを融合させ、ビジネスとテクノロジーの側面から顧客 のデジタルトランスフォーメーションを推進するためのソフトウェア 開発を軸とする「ハイブリッド型サービス」
公募株数 2,600,000株
売出株数 268,700株
当選株数合計 2,868,700株
想定価格 460円
抽選申込期間 12月7日(火)~12月13日(月)
当選発表日 12月14日(火)

ハイブリッドテクノロジーズIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 460円~500円
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事はSBI証券。他、SMBC日興証券、みずほ証券、岡三証券、東海東京証券、岩井コスモ証券、水戸証券、極東証券、松井証券から申し込み可能。

ハイブリッドテクノロジーズIPOポイントメモ

想定価格は460円、公募株数は2,600,000株、売出株数は68,700株、オーバーアロットメントは200,000株を基に吸収金額を試算すると約13.2億円となり、マザーズ市場では荷もたれを感じません。

上位株主には180日間のロックアップが付いていますが、「NiceGuys Vision株式会社」に対して発行価格の1.5倍以上でロックアップ解除できる設定が付いています。

IPOで人気の高いDX関連事業で初値に期待が出来る。吸収金額は13.2億円と小型で、売出株の割合も2.5%と低い、購入単価の低さも好材料

オファリングレシオ26.6%はやや高いが、初値は「大幅なプラスリターン」が期待できると予想します。