【IPO初値予想】老舗企業の表示灯の初値は1.3倍と予想

2021/03/11 IPO企業情報

こんにちは、コツコツです。
2021年4月7日に表示灯株式会社が東証2部から上場します。

想定価格は1,610円で公開売出数が1,403,000株なので吸収金額は約22.6億円となり中型規模です。

主幹事は野村證券が務めます。久しぶりの東証2部の案件ですが、初値は公募割れはなく1.3倍程のプラスリターンが狙えると考えます。

公募価格2,000円に決定

表示灯株式会社のIPOポイント

  • 設立1967年
  • 公募株数650,000株
  • 東証2部上場
  • 業績は黒字
  • 吸収金額は約22.6億円
  • 株主にベンチャーキャピタルなし
  • ロックアップは堅い
  • 主幹事は野村證券
  • 想定価格1,610円

表示灯株式会社のIPO基本情報

会社名 表示灯株式会社
上場日 2021年4月7日
上場市場 東証2部
事業内容 各駅周辺案内図の広告の設置、運営及び交通広告、屋外広告等を取り扱う一般広告代理店業務
公募株数 650,000株
売出株数 753,000株
当選株数合計 1,403,000株
想定価格 1,610円
抽選申込期間 3月22日から3月26日
当選発表日 3月29日

表示灯株式会社のIPOポイントメモ

久しぶりの東証二部上場です。想定価格は1,610円でオーバーアロットメントを含めると公開売出数は1,403,000株で吸収金額は約22.6億円になります。東証2部への上場ですとやや大きく中型規模です。設立は1967年で50年以上の老舗企業です。

上位株主には90日間のロックアップが付いていて、解除倍率のロックアップ設定はありません。ロックアップは理想的で上場時の売り圧力はありません。

目新しさ感がない広告事業で、IPO市場では人気が出る業態とは言えませんが、業績も黒字で堅調、ロックアップも理想的、公募割れの可能性も低く、初値はプラスリターンが期待できそうなのでIPO抽選に申し込みたいと思っています。落選の場合、初日の地合次第ですが短期のセカンダリー投資を狙ってみたいと思います。