【IPO初値予想】アイスコの初値は公募価格以上に!

2021/03/14 IPO企業情報
株式会社アイスコ

こんにちは、コツコツです。
2021年4月8日に株式会社アイスコがジャスダックより上場します。

想定価格は1,750円で公募売出が612,900株を基に吸収金額を計算すると約10.7億円規模の上場になります。吸収金額が低いため初値でプラスリターンが期待できそう。

アイスコのIPOポイント

  • 設立1952年
  • ジャスダック上場
  • 公募株数217,500株
  • 吸収金額約10.7億円
  • 事業は冷凍食品の卸売とスーパーマーケット展開
  • 業績は黒字
  • 主幹事は野村證券
  • 想定価格1,750円

アイスコのIPO基本情報

会社名 株式会社アイスコ
上場日 2021年4月8日
上場市場 ジャスダック上場
事業内容 アイスクリーム・冷凍食品(冷食)卸販売を行うフローズン事業及び生鮮食品スーパーの展開を行うスーパーマーケット事業の運営
公募株数 217,500株
売出株数 395,400株
当選株数合計 612,900株
想定価格 1,750円
抽選申込期間 3月23日から3月29日
当選発表日 3月30日

アイスコのIPOポイントメモ

老舗企業、IPOでは地味な事業内容、4月のスケジュールが過密など目立つプラスポイントはありませんが、吸収金額、業績黒字、配当実施、堅めなロックアップなどをふまえると初値は公募価格以上は期待できる。

想定価格は1,750円で公募売出が612,900株を基に吸収金額を計算すると約10.7億円の小型規模上場になります。IPO株数は公募と売出を合わせて5,330枚と少なめで当選は狭き門となりそう。

上位株主に90日間のロックアップが掛かっていて、解除価格はありません、ベンチャーキャピタルの保有もありません。理想的なロックアップです。

スケジュール過密で地味な事業内容なので初値高騰はないと思いますが、好調なスタートを切りそうなのでプラスリターンを狙って抽選に申し込みます。