【IPO初値予想】ジャパンワランティサポートは住宅設備長期保証事業、3社同時上場

2022/06/05 IPO企業情報
ジャパンワランティサポートは住宅設備長期保証事業、3社同時上場

こんにちは、コツコツです。
ジャパンワランティサポート(7386)は、2022年5月20日に上場承認され、2022年6月23日にグロース市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

ジャパンワランティサポートは、家電や住宅設備機器を製造又は販売する住宅設備供給事業者と提携し、住宅設備機器の延長保証事業を展開している企業です。

ブック・ビルディング期間は6月7日(火)~6月13日(月)です。

ジャパンワランティサポートIPOポイント

  • 設立2010年
  • グロース市場上場
  • 3社同時上場
  • 硬めのロックアップ
  • メイン事業は住宅設備の長期延長保証
  • 吸収金額は約12億円
  • 売出株比率84.8%で売出多い
  • 主幹事はみずほ証券

ジャパンワランティサポートIPO基本情報

会社名 ジャパンワランティサポート株式会社
上場日 2022年6月23日
上場市場 グロース市場
事業内容 住宅設備機器の延長保証事業
公募株数 97,000株
売出株数 639,000株
当選株数合計 736,000株
想定価格 1,640円
抽選申込期間 6月7日(火)~6月13日(月)
当選発表日 6月14日(火)

ジャパンワランティサポートIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,500円~1,640円
公募価格 1,640円
初値 1480円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はみずほ証券。他、大和証券、野村證券、東海東京証券、SBI証券、楽天証券から申し込み可能。

ジャパンワランティサポートIPOポイントメモ

6月23日は3社が同時上場でスケジュールが悪い。住宅設備機器の延長保証事業がメインでIPOでは人気薄。

吸収金額は約12億円で中型。売出株比率が84.8%で売出多く、オファリングレシオも約35%と高い。

上位株主には180日間のロックアップがついているので売り圧は感じなさそう。

だが、3社同時上場のスケジュールがマイナスポイントで投資家の資金分散がおこりそう。