【IPO初値予想】メディア総研は就職活動イベントが軸!小型上場で初値に期待

2021/08/01 IPO企業情報
メディア総研は就職活動イベントが軸!小型上場で初値に期待

こんにちは、コツコツです。
メディア総研株式会社は、2021年7月29日に上場承認され、2021年9月2日にマザーズ市場から新規上場します。

メディア総研株式会社は、高専生及び理工系の大学生向けに就職活動イベントを展開している企業です。売上も好調で黒字経営です。9月2日は2社同時上場になりますが、上場規模も小さいので、初値は大きなプラスリターンが期待できます。

メディア総研IPOポイント

  • 設立1993年
  • 公募比率は約29%と低い
  • マザーズ上場
  • 黒字経営
  • 公募売出数少ない
  • 吸収金額9.0億円と小型
  • 想定時価総額30.0億円
  • VCの保有株なし
  • 想定価格2,600円
  • 主幹事は東洋証券

メディア総研IPO基本情報

会社名 メディア総研株式会社
上場日 2021年9月2日
上場市場 マザーズ
事業内容 高専生及び大学生向けの就職活動イベントの企画等
公募株数 100,000株
売出株数 245,000株
当選株数合計 345,000株
想定価格 2,600円
抽選申込期間 8月18日~8月24日
当選発表日 8月25日

メディア総研IPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 2,600円~2,900円
公募価格 2,900円
初値 3105円

メディア総研IPOポイントメモ

想定価格は2,600円、公募売出数はオーバーアロットメントを含めて345,000株、想定価格を基に吸収金額を計算すると約9.0億円となり小型上場、全く荷もたれ感がありません。

上位株主には180日間のロックアップが付いていて、解除倍率の設定もありません。上位株主にはベンチャーキャピタルの保有株はなく、ロックアップ解除倍率の設定もないので理想的なロックアップといえます。

9月2日は2社同時上場でスケジュールが少し気になります、その他、事業内容に若干地味な印象を受けますが、それ以外は吸収金額、業績やロックアップなど、初値に期待できる条件が揃っています。最近、マザーズ市場に小型上場した「BCC」や「ベイシス」、「アイ・パートナーズフィナンシャル」などは公開価格の100%を楽に越えています。初値予想はやや大きめのリターンを期待して2倍程度と予想します。