【IPO初値情報】メイホーホールディングスはスケジュール完璧!初値高騰に期待!

2021/05/04 IPO企業情報
株式会社メイホーホールディングス

こんにちは、コツコツです。
2021年6月2日に株式会社メイホーホールディングスがマザーズから上場します。

想定価格が1,670円、公募売出が464,600株を基に吸収金額を計算すると約7.8億円となりマザーズでは小型規模上場になります。小型規模上場ですし、テスホールディングスの上場から1ヶ月も空いているので初値高騰が期待できます。

追記:5月17日に仮条件が決まりました。仮条件:1,710円~2,080円
初値を2.5倍程度付けると5,000円オーバー!
スケジュールに余裕があり資金が流れてきそうなので初値3倍行くかも!

メイホーホールディングスIPOポイント

  • 設立2017年
  • マザーズ上場
  • 公募株300,000株(全体64%)
  • 業績は増加で黒字
  • ロックアップ堅め
  • 吸収金額は約7.8億円
  • 主幹事は東海東京証券
  • 想定金額1,670円

メイホーホールディングス基本情報

会社名 株式会社メイホーホールディングス
上場日 2021年6月2日
上場市場 マザーズ
事業内容 建設コンサルタント業、補償コンサルタント業、測量業、地質調査業、人材派遣事業、警備業、建設業、介護事業等を営む子会社等の経営管理およびこれに附帯する業務
公募株数 300,000株
売出株数 164,600株
当選株数合計 464,600株
想定価格 1,670円
抽選申込期間 5月18日から5月24日
当選発表日 2021年5月25日

メイホーホールディングスIPOポイントメモ

テスホールディングスの上場から約1ヶ月も空いているので初値高騰に期待が持てますね。想定価格が1,670円で公募売出数が464,600株を基に吸収金額を計算すると約7.8億円となるのでマザーズでは小型規模の上場になります。当選枚数も少ないので当選するには激戦が予想されます。

上位株主には180日間のロックアップが付いています。ロックアップ解除倍率の設定はありませんので、ロックアップを気にせず投資が出来そうです。

テスホールディングスの上場から約1ヶ月も空いているいるのでスケジュールが魅力的、ロックアップも気にならない、経営は黒字で好条件が揃っています。激戦が予想されますが、ここは全力で抽選に申し込みたいと思います。初値予想は4,000円前後か。

悩むのはセカンダリーですね、IPOスケジュールは1ヶ月も空いているので初値は高騰しそうですが、事業内容がIPOではあまり魅力的ではないので、初値が付いてからは厳しい戦いが待っていそう。6月頃の地合も気になりますし。想定価格から2.3倍ですと3,800円前後になるのも気になります。当たり前ですが当日の地合を見ながら判断します。