【IPO初値予想】メンタルヘルステクノロジーズはクラウド関連事業、売出株比率96%は高い

2022/02/23 IPO企業情報
メンタルヘルステクノロジーズはクラウド関連事業、売出株比率96%は高い

こんにちは、コツコツです。
メンタルヘルステクノロジーズ(9218)は、2022年2月18日に上場承認され、2022年3月28日にマザーズからIPO(新規上場)することが決定しました。

メンタルヘルステクノロジーズは、メンタルヘルスソリューション事業、メディカルキャリア支援事業やデジタルマーケティング事業を展開してる企業です。

ブック・ビルディング期間は3月9日(水)~3月15日(火)です。

メンタルヘルステクノロジーズIPOポイント

  • 設立2011年
  • マザーズ上場
  • 売出株比率は96.0%
  • メンタルヘルスソリューション事業
  • 吸収金額9.0億円
  • 主幹事はみずほ証券
  • 想定価格630円
  • VC1.5倍以上でロックアップ解除多い
  • ストックオプションリスク高い

メンタルヘルステクノロジーズIPO基本情報

会社名 株式会社メンタルヘルステクノロジーズ
上場日 2022年3月28日
上場市場 マザーズ
事業内容 メンタルヘルスソリューション事業、メディカルキャリア支援事業、デジタルマーケティング事業
公募株数 50,000株
売出株数 1,386,100株
当選株数合計 1,436,100株
想定価格 630円
抽選申込期間 3月9日(水)~3月15日(火)
当選発表日 3月16日(水)

メンタルヘルステクノロジーズIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 560円~630円
公募価格 630円
初値 880円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はみずほ証券。他、野村證券、SBI証券、東海東京証券、SMBC日興証券、マネックス証券、東洋証券、水戸証券、岩井コスモ証券、極東証券、楽天証券、松井証券から申し込み可能。

メンタルヘルステクノロジーズIPOポイントメモ

メンタルヘルスソリューション事業が主力。IPO人気の高いクラウド関連であり、働き方改革がテーマで注目度も高い。

吸収金額は約9億円と小型で荷もたれ感はないが、ベンチャーキャピタルの保有が多く、公開価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるため伝口案件の印象が強い。

市場からの吸収金額も小型で人気化しそうな事業だが、売出株の比率が96%でほぼ売出株で印象は悪い、ベンチャーキャピタルの保有も多く、公開価格の1.5倍でロックアップ解除されるので出口案件のイメージが強い。

低位株なので公募割れはなさそうだが、マザーズの地合いと最近のIPO熱が低いことから高騰は難しそう。初値は「公開価格の1.5倍ライン」と予想します。

セカンダリーは寄前で公開価格の1.5倍を越えて来たら売圧が怖いので参加はしないと思います。