【IPO初値予想】モイはツイキャスの運営、話題テーマ!注目度高IPO

2022/03/26 IPO企業情報
モイはツイキャスの運営、話題テーマ!注目度高IPO

こんにちは、コツコツです。
モイ(5031)は、2022年3月24日に上場承認され、2022年4月27日にグロース市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

モイ(5031)は、ライブ配信コミュニケーションプラットフォーム「ツイキャス」の企画、開発、運営をしている企業です。

ブック・ビルディング期間は4月12日(火)~4月18日(月)です。

モイIPOポイント

  • 設立2012年
  • グロース市場
  • 「ツイキャス」の企画、開発、運営で話題性あり
  • 黒字転換見込み
  • 売出株比率は55.9%
  • 吸収金額12.8億円
  • 想定価格470円
  • VCの保有多数、1.5倍解除で売圧リスク大
  • 主幹事はSBI証券

モイIPO基本情報

会社名 モイ株式会社
上場日 2022年4月27日
上場市場 グロース市場
事業内容 ライブ配信コミュニケーションプラットフォーム「ツイキャス」の企画、開発、運営
公募株数 1,041,800株
売出株数 1,674,200株
当選株数合計 2,716,000株
想定価格 470円
抽選申込期間 4月12日(火)~4月18日(月)
当選発表日 4月19日(火)

モイIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 430円~470円
公募価格 470円
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事はSBI証券。他は極東証券、岩井コスモ証券、アイザワ証券、東洋証券、エイチ・エス証券、むさし証券、水戸証券、松井証券から申し込み可能。

モイIPOポイントメモ

「ツイキャス」はユーザー数を伸ばしており、話題性のあるIPOテーマ。業績は今期黒字転換の見込み。

吸収金額は約12.8億円で、中型規模。売出株比率は約56%とほぼ半分。

ベンチャーキャピタルの保有が多く、発行価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるので、相当の売り圧が予想できる。

「ツイキャス」を運営しているので注目度は高く、低位株なのも好ポイントだが、VCの保有が多く、1.5倍でロックアップが解除されるので、初値はその辺りを意識されるか。