【IPO初値予想】のむら産業はIPO人気薄事業!公募株は0株でファンドの出口案件

2021/11/06 IPO企業情報
のむら産業はIPO人気薄事業!公募株は0株でファンドの出口案件

こんにちは、コツコツです。
のむら産業(7131)は、2021年10月29日に上場承認され、2021年12月2日にJASDAQスタンダードからIPOします。

のむら産業は、包装資材・計量包装機械を主に取り扱う包装関連事業、及び製函封函機・緩衝材を主に取り扱う物流梱包事業を展開している企業です。

ブック・ビルディング期間は2021年11月15日(月)~11月19日(金)です。

のむら産業IPOポイント

  • 設立1965年
  • シャスダック上場
  • 包装関連事業
  • 業績は安定
  • 公募株ゼロ
  • ファンドの売出案件
  • 吸収金額9.2億円
  • 想定価格1,210円
  • 主幹事はみずほ証券

のむら産業IPO基本情報

会社名 のむら産業株式会社
上場日 2021年12月2日
上場市場 シャスダック
事業内容 包装資材部門と包装機械部門で構成される包装関連事業、物流梱包事業
公募株数 0株
売出株数 761,100株
当選株数合計 761,100株
想定価格 1,210円
抽選申込期間 11月15日~11月19日
当選発表日 11月22日

のむら産業IPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,160円~1,210円
公募価格 1,210円
初値 1,113円

のむら産業IPOポイントメモ

想定価格は1,210円、公募数は0株、売出数は661,900株、オーバーアロットメントは99,200株を基に吸収金額を試算すると約9.2億円となり、ジャスダック上場でも小型に分類され荷もたれを感じません。

上位株主には180日間のロックアップが付いていて、ロックアップの解除倍率の設定はありません。

包装関連事業はIPOではあまり人気がありませんが、吸収金額が約9.2億円と小型なので需給面に不安はありませんが、オファリングレシオが49.2%とかなり高めです。

公募株が0株でファンドの出口案件になりますが、ロックアップが180日間付いているので、初値形成時の売圧力はなさそう。

市場からの吸収金額が大きくないため、公募割れの可能性は低いと思いますが、初値は「公開価格近辺」と予想します。

主幹事はみずほ証券。他、SBI証券、いちよし証券、水戸証券、丸三証券、極東証券、あかつき証券、楽天証券から申し込み可能です。