【IPO初値2倍!】オキサイドは地味な業種でも人気出る!

2021/03/08 IPO企業情報
株式会社オキサイド

こんにちは、コツコツです。
4月5日に株式会社オキサイドがマザーズから上場します。

想定価格が2,480円で公募売出が1,248,300株なので吸収金額約30.9億円になりマザーズ上場ですと中型規模です。業種は光学事業でIPOでは地味目ですが十分プラスリターンが狙えると思います。

公募価格2,800円に決定

オキサイドのIPOポイント

  • 設立2000年
  • マザーズ上場
  • 公募株が750,000株で全体の60%
  • 業績は増収
  • 業種は光学事業
  • 吸収金額約30.9億円
  • 上位株主に約12%の1.5倍解除ロックアップあり
  • 幹事野村證券
  • 想定価格2,480円

オキサイドのIPO基本情報

会社名 株式会社オキサイド
上場日 2021年4月5日
上場市場 マザーズ
事業内容 光学分野における酸化物単結晶、光部品、レーザ光源、計測装置などの開発・製造・販売
公募株数 750,000 株
売出株数 495,300 株
当選株数合計 1,248,300 株
想定価格 2,480円
抽選申込期間 3月18日から3月24日
当選発表日 3月25日

オキサイドのIPOポイントメモ

想定価格が2,480円で吸収金額約30.9億円だとマザーズ上場では中型規模になります。公募売出は1,248,300株比較的当選しやすい。事業内容は光学事業でIPOではあまり好まれる事業内容ではありません。

上位株主には90日間のロックアップが付いていて、株主3社(約12%)には発行価格の1.5倍以上でロックアップ解除の条件が付いてます。

地味な印象がありますが、じわじわ値を上げていったQDレーザの例もあり、似てる業種のオキサイドも人気が出ると思っています。初値からじわじわ人気が出ると信じてもちろんIPOに申し込みます。

そして4月に入ってから初めて上場する会社なので、その辺りも人気が出るポイントだと思っています。セカンダリーは地合の様子をみて判断したいです。