【IPO初値予想】ペットゴーはペットヘルスケア事業、成長するペット業界だが鍵はVC

2022/04/09 IPO企業情報
ペットゴーはペットヘルスケア事業、成長するペット業界だが鍵はVC

こんにちは、コツコツです。
ペットゴー(7140)は、2022年3月25日に上場承認され、2022年4月28日にグロース市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

ペットゴーは、動物用医薬品や食事療法食、サプリメントなど犬猫を対象にしたペットヘルスケア商品を、自社オンラインサイト「petgo(ペットゴー)」のなどで販売している企業です。

ブック・ビルディング期間は4月13日(水)~4月19日(火)です。

ペットゴーIPOポイント

  • 2004年
  • グロース市場
  • ペットヘルスケア事業
  • 業績好調
  • 吸収金額3.6億円
  • 想定価格500円
  • VC1.5倍でロックアップ解除あり
  • コロナ禍でもペットは安定した需要
  • 4月最後のIPO

ペットゴーIPO基本情報

会社名 ペットゴー株式会社
上場日 2022年4月28日
上場市場 グロース市場
事業内容 E コマースを主としたペットヘルスケア事業
公募株数 550,000株
売出株数 174,500株
当選株数合計 724,500株
想定価格 500円
抽選申込期間 4月13日(水)~4月19日(火)
当選発表日 4月20日(水)

ペットゴーIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 500円~550円
公募価格 550円
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事はみずほ証券。他は大和証券、SBI証券、楽天証券、松井証券から申し込み可能。

ペットゴーIPOポイントメモ

ペットヘルスケア事業を展開している企業で、コロナ禍でもペット業界は安定した需要があり、2022年3月期の業績は増収増益の見込みとなっている。

吸収金額は約3.6億円と小型で売出株比率は約12.7%とほぼ公募IPOで好感がもてる。

ベンチャーキャピタルの保有がそこそこあり、公募価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるので、売り圧を感じると予想できる。

低位株IPOなので需給面に不安はなく公募割れはなさそう。公募価格1.5倍でロックアップが解除され、ストックオプションの行使価格800~900円なので初値はその辺りを意識か。4/28はクリアルも同時上場する。