【IPO初値予想】レナサイエンスはIPO不人気のバイオ系でVC保有あり初値苦戦か!

2021/09/04 IPO企業情報
レナサイエンスはIPO不人気のバイオ系でVC保有あり初値苦戦か!

こんにちは、コツコツです。
レナサイエンスは、2021年8月18日に上場承認され、2021年9月24日にマザーズ市場から新規上場します。

レナサイエンスは、医療現場の課題を解決するための医薬品、医療機器、人工知能(AI)ソリューション等を、医師と共に医療現場で研究開発し、医療イノベーション創出に貢献を目指す企業です。バイオベンチャー系はIPOで不人気で9月24日は単独上場です。

レナサイエンスIPOポイント

  • 設立2000年
  • マザーズ市場上場
  • 公募株比率は65%と高め
  • 業績は赤字
  • バイオベンチャー企業はIPO不人気
  • VCの保有株多い
  • 吸収金額21.4億円
  • 想定価格630円
  • 主幹事はSMBC日興証券

レナサイエンスIPO基本情報

会社名 株式会社レナサイエンス
上場日 2021年9月24日
上場市場 マザーズ
事業内容 医療現場の課題を解決するため、多様なモダリティ(医薬品、医療機器、人工知能(AI)等)を活用して新たな医療ソリューションを研究開発する
公募株数 2,240,000株
売出株数 1,154,100株
当選株数合計 3,394,100株
想定価格 630円
抽選申込期間 9月7日~9月13日
当選発表日 9月14日

レナサイエンスIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 -
公募価格 -
初値 -

レナサイエンスIPOポイントメモ

業績は赤字でIPO不人気のバイオベンチャー企業ですが、公募割れはないと思われます。

想定価格は630円、公募売出数はオーバーアロットメントを含め3,394,100株、想定価格を基に吸収金額を計算すると約21.4億円となりマザーズ上場では少し荷もたれを感じる大きさですが、当選枚数が多く当選しやすそうです。

上位株主には90日間と180日間のロックアップが設定されていて、ロックアップ90日間分には、売出価格の1.5倍以上でロックアップ解除の設定がされているので、売り圧力を感じるかもしれません。

業績赤字でIPO不人気のバイオベンチャー系ですが、直近の類似企業のIPOの結果は、そこまで悪い初値ではありませんが、最近のIPO地合は不安定で多くの株をベンチャーキャピタルの保有しているので、そこまで期待できる初値をつけないと思います。