【IPO初値予想】三和油化工業は化学株。IPO集中期に埋もれる可能性あり

2021/11/23 IPO企業情報
三和油化工業は化学株。IPO集中期に埋もれる可能性あり

こんにちは、コツコツです。
三和油化工業(4125)は、2021年11月18日に上場承認され、2021年12月23日にジャスダック市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

三和油化工業は、化学品や油剤製品を製造・販売する事業のほか、それらの使用後の産業廃棄物を収集し、中間処分並びに再資源化する事業を展開している企業です。主な事業は「リユース事業」「リサイクル事業」「化学品事業」「自動車事業」「PCB(ポリ塩化ビフェニル)事業」の5つに区分されています。

ブック・ビルディング期間は12月7日(火)~12月13日(月)です。

三和油化工業IPOポイント

  • 設立1970年
  • ジャスダック上場
  • 化学品や油剤製品を製造・販売
  • 売出株は0株
  • 吸収金額30.7億円
  • 想定価格3,030円
  • 業績好調
  • 主幹事は野村證券

三和油化工業IPO基本情報

会社名 三和油化工業株式会社
上場日 2021 年 12 月 23 日
上場市場 ジャスダック
事業内容 化学品及び油剤製品を製造・販売する事業のほか、それらの使用後の 産業廃棄物を収集し、中間処分並びに再資源化する事業
公募株数 880,000株
売出株数 132,000株
当選株数合計 1,012,000株
想定価格 3,030円
抽選申込期間 12月7日(火)~12月13日(月)
当選発表日 12月14日(火)

三和油化工業IPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 3,100円~3,500円
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事は野村證券。他、SMBC日興証券㈱、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、東海東京証券、SBI証券から申し込み可能。

三和油化工業IPOポイントメモ

想定価格は3,030円、公募株数は880,000株、売出株数は0株、オーバーアロットメントは132,000株を基に吸収金額を試算すると約30.7億円となりジャスダック市場では荷もたれを感じます。

上位株主には90日間のロックアップが付いていて、倍率でのロックアップ解除の設定はありません。

IPOではあまり人気のない事業内容。市場からの吸収金額は30.7億円もあり、IPO集中期に埋もれてしまう可能性あり。売出株0株、オファリングレシオは23.6%と低めなので、この辺りをどう評価されるか。

初値は「公開価格付近」と予想します。