【IPO初値予想】セイファートは美容系広告求人サービス、地合いが悪く懸念材料

2022/01/10 IPO企業情報
セイファートは美容系広告求人サービス、地合いが悪く懸念材料

こんにちは、コツコツです。
セイファート(9213)は、2021年12月24日に上場承認され、2022年2月4日にジャスダックからIPO(新規上場)することが決定しました。

セイファートは、美容室経営企業を主要顧客として、広告求人サービス、紹介・派遣サービス、教育サービス等を展開している企業です。

ブック・ビルディング期間は2022年1月19日(水)~1月28日(火)です。

セイファートIPOポイント

  • 設立1991年
  • ジャスダック上場
  • 売出比率は43.5%
  • 美容業の広告求人サービス
  • 業績安定してるが頭打ち感があり
  • 吸収金額9.6億円
  • 想定価格1,120円
  • 主幹事はみずほ証券

セイファートIPO基本情報

会社名 株式会社セイファート
上場日 2022年2月4日
上場市場 ジャスダック
事業内容 美容業に関する広告求人サービス、紹介及び派遣サービス、教育サー ビス
公募株数 420,800株
売出株数 436,600株
当選株数合計 857,400株
想定価格 1,120円
抽選申込期間 1月19日(水)~1月25日(火)
当選発表日 1月26日(水)

セイファートIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,060円~1,120円
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事はみずほ証券。他、大和証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、マネックス証券から申し込み可能。

セイファートIPOポイントメモ

美容系求人広告サービスなどを手掛ける企業で、多くの美容学校と取引をしているが、同業が多数おり成長性に不安がある。

公募株数は420,800株、売出株数は324,800株、オーバーアロットメントは111,800株を基に市場からの吸収金額を試算すると約9.6億円となりジャスダックでは小型に分類される。

ベンチャーキャピタルの保有も少なく、3万株(発行済株数の2.3%)が公開価格の1.5倍以上でロックアップ解除される。

吸収金額が軽量で、PERも11倍程度と割安感があり、ロックアップも不安はない、だが、人材サービス系は最近のIPOでは人気がなく、オファリングレシオも64.9%と高い、地合いも悪く懸念材料。

初値は「公開価格付近の若干プラスリターン」と予想します。