【老舗企業の意地】想定価格は390円で公募割れはなしとみた

2021/02/24 IPO企業情報

こんにちは、コツコツです。
シキノハイテックが3月24日に上場で(株)Sharing Innovationsも同日上場します。

シキノハイテックは半導体検査装置の開発・製造を行う会社で創業から46年の老舗企業です。ジャスダック上場で吸収金額は約5.5億円の小型案件公募売出数は1,407,000株比較的当選しやすい部類に入ります。

シキノハイテックのIPOポイント

  • 創業から46年
  • 公募率が80%で高い
  • ジャスダック上場
  • 経常利益はほぼ横ばい
  • 公募売出数は1,407,000株
  • 事業内容は半導体検査装置の開発・製造
  • 吸収金額は約5.5億円
  • 時価総額約16.2億円
  • 完璧なロックアップ
  • 想定価格390円

シキノハイテックのIPO基礎情報

会社名 株式会社シキノハイテック
上場日 2021年3月24日
上場市場 ジャスダック
事業内容 半導体検査装置の開発・製造、LSI の設計及び IP コアの開発、カメラモジュール及び画像処理システムの開発・製造
公募株数 1,150,000 株
売出株数 257,000株
当選株数合計 1,407,000株
想定価格 390円
抽選申込期間 3月8日から3月12日
当選発表日 3月15日

シキノハイテックのIPOポイントまとめ

シキノハイテックの想定価格は390円で吸収金額は約5.5億円なので小型ジャスダック上場になってます。想定単価を低く設定しているので公募売出数は1,407,000株で少し多く当選確率も上がりそう。

黒字経営ですが、老舗感が強く売上も頭打ち気味に思えます。公募株が80%を占めベンチャーキャピタルにも180日間のロックアップがかかっているため売りの圧力はありません。

総合的に今の地合とIPO規模を考えれば公募割れはないと思うのでIPO申し込みをしようと思います。セカンダリーは先日上場のQDレーザの様に初値は2.3倍で後日ジワジワ値を上げる展開になるかもしれないので、上場初日の地合を見ながら考えます。