【IPO初値予想】サクシードの人材サービス業はIPOで人気薄!過密スケジュールもマイナス

2021/11/21 IPO企業情報
サクシードの人材サービス業はIPOで人気薄!過密スケジュールもマイナス

こんにちは、コツコツです。
サクシード(9256)は、2021年11月18日に上場承認され、2021年12月22日にIマザーズ市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

サクシードは、教育人材支援事業、福祉人材支援事業や個別指導教室事業などの教育と福祉の人材サービス事業を行っている企業です。

ブック・ビルディング期間は12月7日(火)~12月13日(月)です。

サクシードIPOポイント

  • 設立2004年
  • マザーズ上場
  • 人材サービス事業
  • 売出株の割合は50%
  • 業績好調
  • 公募売出数は862,500株
  • VC保有無
  • 吸収金額12.5億円
  • 想定価格1,450円
  • 6社同時上場予定
  • 主幹事はSBI証券

サクシードIPO基本情報

会社名 株式会社サクシード
上場日 2021 年 12 月 22 日
上場市場 マザーズ
事業内容 自社運営の教育サービス(個別指導教室の運営、家庭教師の紹介)及 び教育と福祉に関する人材サービス(人材派遣・紹介・業務委託)
公募株数 375,000株
売出株数 487,500株
当選株数合計 862,500株
想定価格 1,450円
抽選申込期間 12月7日(火)~12月13日(月)
当選発表日 12月14日(火)

サクシードIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 -
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事はSBI証券。他、大和証券、岡三証券、岩井コスモ証券、丸三証券、アイザワ証券、エイチ・エス証券、極東証券、東洋証券、水戸証券、松井証券から申し込み可能。

サクシードIPOポイントメモ

想定価格は1,450円、公募株数は375,000株、売出株数375,000株、オーバーアロットメントは112,500株を基に吸収金額を試算すると約12.5億円となりマザーズ上場では小型に分類され荷もたれを感じません。

上位株主には180日間のロックアップが付いています。発行価格の倍率でロックアップ解除の設定は付いていません。

教育や福祉への人材支援サービスを展開している企業ですが、IPOでの人気はさほど高くありません。

業績は好調で市場からの吸収金額も12.5億円と小型に分類されるので需給面で不安はなく、オファリングレシオも24.8%と低いです。

ですが、IPOでの人気面と22日は6社同時に上場する過密スケジュールで買いが集まりにくい状況なので、初値は「公開価格付近」の決着と予想します。