【IPO初値予想】タカヨシはわくわく広場を運営。7社同日上場

2021/11/24 IPO企業情報
タカヨシはわくわく広場を運営。7社同日上場

こんにちは、コツコツです。
タカヨシ(9259)は、2021年11月19日に上場承認され、2021年12月24日にマザーズ市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

タカヨシは、地元生産者の商品を購入できる地域のセレクトショップ「わくわく広場」をショッピングモールなどに展開している企業です。

ブック・ビルディング期間は12月8日(水)~12月14日(火)です。

タカヨシIPOポイント

  • 設立1970年
  • マザーズ上場
  • セレクトショップ「わくわく広場」運営
  • 吸収金額24.2億円
  • 想定価格1,490円
  • 7社同日上場の過密スケジュール
  • 主幹事は野村證券

タカヨシIPO基本情報

会社名 株式会社タカヨシ
上場日 2021 年 12 月 24 日
上場市場 マザーズ
事業内容 地域の食の産直プラットフォーム型店舗「わくわく広場」の運営
公募株数 900,000株
売出株数 727,200株
当選株数合計 1,627,200株
想定価格 1,490円
抽選申込期間 12月8日(水)~12月14日(火)
当選発表日 12月15日(水)

タカヨシIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 1,490円~1,560円
公募価格 -
初値 -

IPO取り扱い証券会社

主幹事は野村證券。ちばぎん証券、SBI証券、マネックス証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から申し込み可能。

タカヨシIPOポイントメモ

想定価格は1,490円、公募株数は900,000株、売出株数は515,000株、オーバーアロットメントは212,200株を基に吸収金額を試算すると約24.2億円となりやや荷もたれを感じます。

上位株主には90日間のロックアップが付いています。一部の株主に対して発行価格の1.5倍以上でロックアップ解除できる設定が付いています。

事業内容はIPOではあまり人気がありません。市場からの吸収金額が約24.2億円とやや荷もたれを感じ、このIPO集中期ですと埋もれてしまう可能性があります。

売出株の割合が36.3%と少なく、オファリングレシオは31.2%と高め、発行価格の1.5倍以上でロックアップ解除する株主もいるので、その辺りが初値の上限になりそう。初値は「発行価格付近」と予想。