【IPO初値予想】トリプルアイズは人気高いAI関連、高スペック銘柄で初値に期待

2022/05/20 IPO企業情報
【IPO初値予想】トリプルアイズは人気高いAI関連、高スペック銘柄で初値に期待

こんにちは、コツコツです。
トリプルアイズ(5026)は、2022年4月22日に上場承認され、2022年5月31日にグロースからIPO(新規上場)することが決定した。

トリプルアイズは、システムインテグレーション、独自開発のAI(人工知能)プラットフォームの提供を行う企業です。

ブック・ビルディング期間は5月13日(金)~5月19日(木)です。

トリプルアイズIPOポイント

  • 設立2008年
  • グロース市場上場
  • 再承認
  • IPO人気の高いAI関連
  • 1.5倍以上でロックアップ解除株主多い
  • 吸収金額5.5億円
  • 想定価格880円
  • 主幹事はいちよし証券
  • 上場スケジュール抜群

トリプルアイズIPO基本情報

会社名 株式会社トリプルアイズ
上場日 2022年5月31日
上場市場 グロース
事業内容 システムインテグレーションおよび独自開発の AI プラットフォームの提供
公募株数 540,000株
売出株数 81,000株
当選株数合計 621,000株
想定価格 880円
抽選申込期間 5月13日(金)~5月19日(木)
当選発表日 5月20日(金)

トリプルアイズIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 800~880
公募価格 880
初値 2200円

IPO取り扱い証券会社

主幹事はいちよし証券。他は野村證券、みずほ証券、SBI証券、あかつき証券、SMBC日興証券、岡三証券、極東証券、東海東京証券、東洋証券、松井証券、マネックス証券、丸三証券、楽天証券から申し込み可能。

トリプルアイズIPOポイントメモ

3月に上場を予定していたが延期になり今回は再承認。

システムインテグレーション、独自開発のAI(人工知能)プラットフォームの提供を行う企業でIPOでの注目も高いテーマ。

前回の想定価格が1,800円で今回が880円と半値以下となり吸収金額が5.5億円と軽量になった。

公開価格の1.5倍以上でロックアップ解除されるベンチャーキャピタルなどの保有株がやや多く、売り圧を意識したい。

吸収金額が5億円程度でIPO人気の高いAI関連銘柄。気になる1.5倍で解除されるロックアップだが、想定金額、吸収金額、人気銘柄を総合的に考えると軽く1.5倍は越えてきそう。

乱高下している地合いだが、上場スケジュールは抜群で初値に期待が持てそう。