【IPO初値予想】ヤマイチ・ユニハイムエステートはIPO人気低の不動産関連

2022/05/28 IPO企業情報
ヤマイチ・ユニハイムエステートはIPO人気低の不動産関連

こんにちは、コツコツです。
ヤマイチ・ユニハイムエステート(2984)は、2022年5月16日に上場承認され、2022年6月20日にスタンダード市場からIPO(新規上場)することが決定しました。

ヤマイチ・ユニハイムエステートは、不動産開発における販売事業および賃貸事業、その他マンション事業を展開している企業です。

ブック・ビルディング期間は6月2日(木)~6月8日(水)です。

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOポイント

  • 設立1989年
  • スタンダード市場上場
  • 経常利益は減収減益の見通し
  • 不動産関連
  • ロックアップ硬め
  • 吸収金額20.8億円
  • 想定価格950円
  • 割安感あり
  • 主幹事は野村證券

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPO基本情報

会社名 ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社
上場日 2022年6月20日
上場市場 スタンダード市場
事業内容 不動産の開発、売買、賃貸、管理及び仲介業
公募株数 1,700,000株
売出株数 485,000株
当選株数合計 2,185,000株
想定価格 950円
抽選申込期間 6月2日(木)~6月8日(水)
当選発表日 6月9日(木)

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 900~950
公募価格 950
初値 878円

IPO取り扱い証券会社

主幹事は野村證券。他、大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SBI証券、あかつき証券から申し込み可能。

ヤマイチ・ユニハイムエステートIPOポイントメモ

IPO人気のない不動産関連で、吸収金額が約20億円と今の地合いだと荷もたれを感じる。

売出株式比率が約10%と公募が多い、ベンチャーキャピタルの保有はなく上位株主には90日間のロックアップがかかっているので売り圧は感じにくい。

スケジュールは良好だが、初値高騰は期待できなそう。