【IPO初値予想】YCPホールディングス(グローバル)リミテッドはマネジメントサービス事業。低位株は好調傾向

2021/12/02 IPO企業情報
YCPホールディングス(グローバル)リミテッドはマネジメントサービス事業。低位株は好調傾向

こんにちは、コツコツです。
YCPホールディングス(グローバル)リミテッド(9257)は、2021年11月18日に上場承認され、2021年12月21日にマザーズ(外国株)からIPO(新規上場)することが決定しました。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドは、日本・シンガポール・香港を中心にアジア全域で、マネジメントサービス事業とプリンシパル投資事業の2事業を展開している企業です。

ブック・ビルディング期間は12月3日(金)~12月8日(水)です。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOポイント

  • 設立2021年(実質2011年)
  • マザーズ(外国株)
  • マネジメントサービス事業
  • 吸収金額35.7億円
  • 想定価格790円
  • 主幹事は野村證券
  • 売出株数0株

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPO基本情報

会社名 YCPホールディングス(グローバル)リミテッド
上場日 2021 年 12 月 21 日
上場市場 マザーズ(外国株)
事業内容 マネジメントサービス事業(各種コンサルティング及び調査等)並び にプリンシパル投資事業(パーソナルケア領域、ペットケア領域、戦 略投資領域)
公募株数 3,925,400口
売出株数 588,800口
当選株数合計 4,514,200口
想定価格 790円
抽選申込期間 12月3日(金)~12月8日(水)
当選発表日 12月9日(木)

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPO仮条件・公募価格・初値

仮条件 790円~830円
公募価格 830円
初値 770円

IPO取り扱い証券会社

主幹事は野村證券。他、みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、マネックス証券、松井証券、岡三証券から申し込み可能。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOポイントメモ

マザーズ(外国株)のIPOは6月のオムニ・プラス・システム・リミテッド以来の上場になるが、4社同日上場の過密スケジュールでは、投資家の注目が集まりにくい状況。

市場からの吸収金額も約35.7億円と軽量感がないので、初値は「売出価格付近」の決着と予想します。